社員インタビュー

同業者から見ても、働いてみたいと思える環境でした。

サービスフロント

川端 智子

ハーレーダビッドソン知立所属
2013年中途入社
前職:バイクの買取・小売

愛車を託される最初の窓口を担当しています。


私は、ハーレーダビッドソン知立で唯一のサービスフロント担当です。サービスフロントとは、営業とサービススタッフの中間的な存在で、バイクに不具合を抱えているお客様や、カスタムを希望されているお客様、車検を希望されているお客様などからバイクをお預かりする仕事です。不具合があれば症状や使用感を丁寧に伺い、ヒアリングシートにまとめて工場のサービススタッフに伝えます。私自身も初めて買ったバイクが大型のハーレーダビッドソンで、バイクへの愛着は人一倍ありますから、お客様の訴えや思いを十分に汲み取りながら、ユーザー視点を忘れずにヒアリングするように心がけています。

お客様との末永いお付き合いが特徴です。


オートセンターヤマダに入社する前は、某有名バイク専門チェーンで買取と小売を担当していました。しかし別の環境も経験してみたいとも思い、転職を検討していたころに仲が良かった統括の山田に声をかけてもらったんです。オートセンターヤマダの社風や職場の雰囲気の良さは知っていましたし、勤続年数の長い社員が多く働きやすい環境というイメージがあったので、迷わず決めました。また、お客様と向き合う姿勢にも魅力を感じましたね。前職の会社では、“バイクを売ったら終わり”というスタンスでしたが、オートセンターヤマダは違います。お客様の最適な一台を一緒に見つけて、お客様が理想のバイクを手にした瞬間から、末永いお付き合いが始まるからです。より豊かな“モーターサイクルライフ”を提供する社員の姿に、一人のバイク愛用者として感動したことを今でもおぼえています。

メカニックの知識が増えて、自信もアップしました。

私には、入社してから苦い経験があります。車両の不具合を感じて整備を希望されたお客様に、十分な説明をせずに整備内容だけを結論として伝えてしまったんです。決して嘘を言ったわけではありませんが、どうしてその整備が必要であったかを説明せずに、結果だけを伝えたことで、お客様に不信を抱かれてしまいました。当時、私のメカニックに関する知識が今よりも少なかったために起きてしまったことなのですが、“終わり良ければ、すべて良し”ではいけない仕事なのだと痛感した出来事でした。今ではサービススタッフのサポートもあって、メカニックに関する知識が広がり、お客様への対応や見積書の作成、部品の発注なども一人でできるようになりました。これからは、サービススタッフが点検や整備により専念できるように、私のほうからサポートしていきたいですね。

一日の流れ

9:30朝礼・清掃

サービススタッフが気持ち良く安全に作業できるように、また大切なお客様のバイクに傷や汚れがつかないように、工場内を整理整頓して清掃します。

10:00開店・お客様の受付

店舗の開店時間に合わせてサービスフロントもオープンします。前日にバイクの不具合に気づいたお客様が朝一番に来店されることもあります。

10:30前日からの持ち越し作業・検品・納品書のチェック

前日に届いた部品の種類と数量を納品書と照らし合わせながらチェックします。また部品に傷や汚れなどがないかを確認します。

12:00メーカーから届いた部品の仕分け・部品発注

毎日、12時ごろにメーカーから部品が届きますので、内容をチェックして仕分けし、サービススタッフに配布します。新たに必要になった部品については、発注書を作成してメーカーにオーダーします。

昼食昼食

持参した手づくり弁当でランチタイム。部品の開梱や仕分けなどで体を動かす仕事もあるので、栄養のバランスには気を遣っています。

17:00お客様への連絡

翌日に納車予定のお客様にお引き渡しの時間をお伝えするほか、新たに不具合が見つかった場合には状況を報告します。

18:00受付終了

お客様の来店状況を見ながら、サービスフロントの受付は閉店時間よりも早めに終了します。

19:00閉店・退社

急な発注などの問題が特になければ、残業はほとんどありません。翌日に行う業務を確認して退社します。

他の社員インタビュー